絶対に借りられる裏技を教えてやる。

丸秘裏技伝授
→ 能書きはいいから裏技を読むならコチラ。

ネット上には紛い物の裏技ばかりだ。

私が金融業界に足を踏み入れたのはかれこれ25年以上も前のことだ。
当時は、「ミナミの帝王」や「ナニワ金融道」といった、金融関連の漫画やドラマが大流行していた影響もあり、金融の裏技に関する多くの関連書籍が発行されていた。
ただ、これらの裏技はフィクションなので、現場で勤務していた立場から見ればやや現実離れしていた感が否めないものであった。
また、現在でもネット上には
「延滞でも借りれる!」
とか
「総量規制オーバーでも借りれる!」
など、さもウルトラCの裏技を教えてくれるようなふれこみのサイトがあるが、それらを見ると中身は個人情報を収集するのが目的の「紹介屋」が運営するサイトだったり、「ソフト闇金」が運営するサイトだったりというのが現実だ。
またネット上には刺激的なキーワードを餌に別の目的に誘導しようとする意図が透けて見えるサイトも数多く存在するので注意が必要である。
中には一見裏技を書いているようで、実は単に生活保護のような「福祉の受給」をすすめているような、わけのわからないサイトもあったりするようだ。

カードローンに裏技は無いのか。

では、やはり世の中、そんな上手い方法は存在しないかといえば、実はそうとも言い切れない。
私は仕事柄これまで数多くのキャッシング利用者と接してきた。
そして、その中には「お金を借りるプロ」のような人もいて、本当に延滞していても、ブラックでも、びっくりするような手口でお金を借りていく輩がいたものであった。
当サイトでは、私がこれまでの経験で感服させられた「借金のプロ」達の秘密の手口をひとつずつ公開していこうと思う。
“こんな方法で、延滞していても借入れしてたヤツがいた!”
というような「借金のプロ」が繰り出す、カードローンキャッシングの超裏技の種明かしをしてゆきたいと思う。

最後に言っておく。

これから解説してゆく裏技は、このような行為によって善良な皆さんがトラブルに巻き込まれることがないようにという社会的見地からあえて公開を決意したものである。
紹介する技はどれもかなりの劇薬になることは間違いないが、消費者金融をダマしてお金を借りることは、「詐欺」になりかねない。

くれぐれもこの方法を逆手にとって悪用したり、本気で実行することがないようにあらかじめお願いしておく。

令和元年 春
サイト管理人 SATO

→ 悪用厳禁 裏技一覧へ